お茶の国の人だもの。

by natural yellow woman. 日本茶インストラクター16期。福岡出身で八女茶をこよなく愛しております。カフェインに弱いのがたまにキズ。San Francisco(というよりは)East Bayから日本茶を広めるぞ!

夏の終わりなのに英会話スクールどこに行くか決められないわたくし。

ども。
Mステで森山直太朗が「夏の終わり」を歌ったので、もう今日から秋の始まりです!

V6も出てたんやけど、官兵衛さんが踊ってて違和感。
岡田くんは濃い目のヒゲをはやしているので遠目から見るとおっさんがまじっているかのよう。
ただ近くで見たら真田広之(←一番好き)みたいでうっとりしてしまいました。

前置きはさておき〜。

まだまだ絶賛英会話スクール体験中です!

行ったとこその1
格安すぎて不安になるレベルですよね。
安かろう悪かろうかな?と全然期待せずに行きました(笑)
1時間説明からの授業体験。
なんで1時間も…と思いながら運営者の女性の説明を聞きました。
「ブロークンでもいいから話しなさい。文法なんかにとらわれてるから話せないんだ。会話ってそういうものじゃないでしょう?」

ごもっともです!!さーせん!!!

その後の授業、ネイティブの先生が休みだったので引き続きその女性が先生代役。

比較級の英文作、
聞き取り、
全然出来ねえ自分_| ̄|○

しょぼい、しょぼいぞ!!!

全然悪かろうではなかった、最も勉強になる体験でした。
ネイティブの先生もアメリカ人だし、ここにしようかな?と思ったんですが。
アメリカ人講師が急遽帰国したらしく、次の先生は違う国出身のよう…。

なんてタイミングの悪さ!
縁がなかったのかなあ。


というわけでその2。
ここは普通の授業にプラスして、イングリッシュサロンってのがあります。それが売りかな?

最初はスキルチェックだけのために来校。
体験クラスを予約して、また来てねって…

クソ面倒!!
誰が2回も行くんか!!!

と怒ってみましたが、これも縁かなとちゃんと行ったわよ。

で、放り込まれたクラスの授業ね。
テキストに沿って進められるんですが、今回のページは
「危機管理センターに募集した男性のエピソード」


なんやそれ!!

emergency 
outbreak
accommodation
(綴り間違ってたらごめん)
とかもうそんな単語あったなあのオンパレード。
いや、どうでもいいっす。
興味もてへんっす。
日常会話力をあげたいの、うちは!!
もうちょっと下のクラスでよかったんやないか?

とにかく縁のなさが続くわー。


(番外でFCCというまじめで厳しいらしい福岡で老舗の英会話スクールにも行ってみましたが、金額のほうがあまりにも厳しくて無理でした…)


どこにするか思案中です。


今から始めてみようかな?という人にアドバイスするとしたら、
「2回来校しましょう」です(笑)
「自分が受けるであろう授業をちゃんと体験しておきましょう」ということですねー。
レベルチェックを兼ねたマンツーマンレッスンはその場限り。グループレッスンは全くの別物でした…。テキストの好みもあるし、参加人数も関係してくると思います。
もちろん金銭面がOKならマンツーマンレッスンがベストでしょうね(^_^)


ではまた次回。