お茶の国の人だもの。

by natural yellow woman. 日本茶インストラクター16期。福岡出身で八女茶をこよなく愛しております。カフェインに弱いのがたまにキズ。San Francisco(というよりは)East Bayから日本茶を広めるぞ!

焙じ茶の香りにうっとり。櫻井焙茶研究所@西麻布


ぬん |・_・) 

日本にいます、レイコです。

一時帰国。今は福岡〜。

先日ようやくこちらのお店に行けました!
以前、都内在住のお茶の先輩達に
「おすすめのお茶スポットどこですか?」
と聞くと
全員ここを教えてくれました。

ただ…
予定が合わんでずーーっと行けんくて
「お店は逃げずにそこにあるから。そのうち行けるから落ち着けわたし」
と言い聞かせる(1年以上)。

今回、我が夫に「何がしたい?」と聞かれて
「頼むからこのお店に行かせて!」と懇願(笑)

周到な計画を練り、娘は昼寝させて入店しました♪
f:id:nywreiko:20160314232647j:image
何を注文するか悩みに悩んでわたしは結局焙じたてのお茶を。我が夫は釜炒り茶を。

なんといっても空間が素敵なお店です。
もちろんディスプレイも。
f:id:nywreiko:20160314232904j:image
今後の参考になる〜!(今後何する気や)

静けさの中、お茶を淹れていただきました。
f:id:nywreiko:20160314232736j:image

一挙手ごと、じっと見つめる。


(じっと見つめすぎて威圧してた気がしないでもない)


なるほどな〜、と感心。


我が夫からしたら「なんでこいつなるほどばっか言いよるんやろ」と思っていたはず(^_^;)

毎日淹れてる身なので、ちょっとした違いに気づくとばい!一応!
10こはあった。気づきポイント。



焙烙で焙じたてのお茶の香りが店内にふわーっと広がった瞬間…

参りました。

この香りには勝てんね!と我が夫。

味は、焙じた香りをまといながらも煎茶の良さも感じられスッキリとしたものでした。

栗ようかんをいただきながら。
またお茶うけとしてお漬け物も出てきました。


ゆっくりとお茶に集中する。
贅沢で豊かな時間。

(寝ててくれてありがとう娘)

イデアマンの我が夫、アメリカでの日本茶の販売アイデアを思いついたらしく私に説明してくれました。

それは誰もやっとらんわね。
あんた、役に立つやん。笑

いつも刺激があれば何かしら思いつく人なので私はその場に連れて行けばいいだけ〜。超おトク。

最後に万さんのカードを見つけました。
え、福岡の日本茶もお酒も飲めるあのお店?と驚き!
同じデザイナーさんがお店を手がけられたそうです。

足を運んで、贅沢なお茶時間を東京で過ごしてみるのはいかがでしょうか。

ではまた次回。