お茶の国の人だもの。

by natural yellow woman. 日本茶インストラクター16期。福岡出身で八女茶をこよなく愛しております。カフェインに弱いのがたまにキズ。San Francisco(というよりは)East Bayから日本茶を広めるぞ!

幸せ?って聞かれたら何て答える??

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

■1月29日(日)ライブ

出番は19:40より30分間

@ストロボカフェ(代々木・北参道

北欧風のカフェで心暖まる歌を

お届けします!お越し下さいね。

■"a woman's face"1500yen/代引。

CD購入はメール nywreiko

@ gmail.comにて承り中です。

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

こんにちは。

まだ東京は雪が残ってますね。

それだけ寒いということかあ。

そういえば、こないだイタリーおじちゃんにこう尋ねられました。

「君は幸せかい?」と。

たった5秒くらいの間で、私はこんなことを考えた。

尋ねられるってことは、私が楽しくなさそうに見えるってこと?

そう見えたとしたら、幸せではないのかもしれない。

でも、常に幸せだなんてことは、人生においてあるのだろうか?

色んな悩みがある。だって人生だもの。

そして、私の歌を聴いて欲しい女性達と同じ生活をしていて、そこから歌が生まれるから。

そうじゃないと、リアルじゃない。

世の中に腐るほどある、上っ面な歌には興味がないよ。

と。長いわ!!(笑)

おじちゃんには「幸せだけど、もっと幸せになりたい」と答えておきました。

でも、改めて思う。

私は幸せにならなくてはいけないんだ、と。

そうじゃないと、救われないよね。

この時はちょうど歌詞を煮詰めていたりしてまして。

世の中の矛盾を一身に背負っていたというか、自分との闘争というか、創造の苦しみと闘っていたので、雰囲気に出てたんだろうなあ。

夫や友達がいたり、色んな面で恵まれているという幸せなら、私は幸せです。

そういうんじゃない方の幸せね?。なんつったらいいんでしょう(笑)

というわけで、厳しい顔をして私が道端を歩いているのを見たら、「闘ってるんだな」と心の中でそっと応援してくれれば嬉しいです(^_^)

って、道端で会わんやろ。

さて、今日も闘います!